動画配信モード

2021-07-04更新

動画配信モード とは?

動画撮影する際に使用するモード。スクエニのガイドラインでは、このモードを使って撮影した動画のみ 公開が許可されている

→ 公開に適した表示になるだけ。録画自体は、各ハードの機能を使って行う

設定場所 いまどんな設定
→「配信中」にすると、配信アイコンが付く
メリット

・配信者は、配信中設定により 各種表示のOn/Offを制御できる

・一般プレイヤーは、勝手に配信されるケースが抑制される
 → 配信アイコンにより、撮影しているプレイヤーが居ることが分かる

※Ver5.5後期より

最近の更新

■Ver5.5後期より
・配信ガイドラインが改訂されたので、配信する場合は詳細を確認しておくこと。改訂に伴い「動画配信モード」が実装された

動画配信モードの詳細

配信中設定

・各表示のOn/Off を設定することができる

 → 動画とは関係ない表示を消したり、第三者に配慮したり、プライベート情報を非公開にする等

考察

・動画配信しない場合でも、便利に使えるかも
 → ゲーム内のカメラではなくスクリーンショットを撮りたい場合とか

配信ID

・配信中に設定すると、画面左上に配信IDが表示される

 → 運営が対象キャラを特定する為のID。ログインする度に配信IDは変化する

・配信IDが視認できる状態で配信しないとダメ

 → 配信IDをカットしたり、他の物で隠すのはNG

考察

・重要部分にズームする等、画面の一部分だけを使いたい場合に問題が出そう
 → ワイプを使う等で対処できそうだが、編集が面倒そう

配信可能なサーバー

配信OK ・サーバー10(新規/カムバック用)
・サーバー21/22
・住宅村/同盟バトル等
※配信禁止サーバー以外は全てOK
配信禁止 ・サーバー1~9
・サーバー11~20
・サーバー23~40

・配信禁止サーバーに移動すると、動画配信モードが自動で解除されてしまう点に注意

 → 左上の配信IDが消えて、警告が表示される。そのまま配信を続けると規約違反となる

考察

・配信IDの有無で OKエリア/禁止エリアが区別できるので、個人的には分かりやすくなったと思う
 配信IDの表示有 → 配信OK
 配信IDが消えた → 配信禁止

動画配信の注意点

・「生配信」だけでなく、録画した動画を公開する場合も配信IDが必須

 → Twitter等のSNSでも免除されない

・静止画を公開する場合は、配信IDは不要

・過去に撮影した動画は、配信IDが無いので 公開NG

 → ガイドライン改訂(21/7/8)以前に公開した物は、セーフ

・公開しないのなら、配信モード無しで録画するのはOK

 → 調査目的等

配信ガイドライン(公式サイト)

・定期的に改訂されているので、公開前に確認しておくこと