• IKEドラクエ10攻略
    邪神の宮殿16/12/10

邪神の宮殿16/12/10

2016-12-11更新

※ネタバレ注意

12/10~12/24までの 邪神の眷属

敵の構成

魔幻の芸術家 + お供

※各獄によって、お供が異なる

特記事項 各獄によって、フィールド効果が異なる

一獄

敵の構成

魔幻の芸術家 + ワイルドフォビズム
 + 魔幻の剣士 + 魔幻の騎士

※敵の詳細データ → 魔幻の覇王軍(一獄)

フィールド
効果
【不浄の領域】
敵側:状態異常成功率↑大幅Up
味方:状態異常成功率↑少しUp
条件 ・20分以内
・どうぐ使用禁止
職業 ALL
有効な装備

魅了/呪い/マヒ/眠り/毒 ガード

闇/呪文 耐性


攻略

準備
・魅了/呪いガード と 呪文耐性 は必須。更に「ダークタルト」等で闇耐性を上げると良い
 → どうぐ禁止で「どくけしそう」が使えないので、解毒スキルが無い職業は 毒ガードもあると良い
不浄の領域
・敵味方共に状態異常率がUPするので、それに応じた戦い方が必要となる。耐性装備を揃えるだけでなく、「キラポン」を掛けて各種低下も防ぐ
 → キラポンは消されてしまうので、耐性装備がないとダメ
・敵にも状態異常が入るので、幻惑等の各種状態異常を掛け、「ヘナトス」等で敵の攻撃力を下げると良い。物理攻撃する場合は「かぶと割り」等で敵の守備力を下げ、呪文攻撃する場合は「ぶきみなひかり」等で呪文耐性を下げて攻撃すれば、大きなダメージを与えやすい
戦い方
・敵の攻撃が強力なので、各職業の有効なスキルを駆使しないと耐えられない。更に壁をして敵の行動を減らし、僧侶が全員に「キラポン/聖女」が掛かった状態をキープできれば、かなり安定する
・絵が仲間呼びしてくるので、絵から先に倒すと良い。仲間呼びされてしまったら、HPの少ない騎士/剣士 を先に倒す
・どうぐ使用禁止なので、MP切れの恐れがある。レン「妖精たちのポルカ」が発動すると楽になる
 → 僧侶は「マホトラのころも」を使うと良い

各職業の有効なスキル(一部)

戦士:真やいばくだき / チャージタックル

僧侶:聖女の守り / キラポン / スクルト

魔使:マホカンタ / ヘナトス

盗賊:サプライズラッシュ / お宝ハンター / スパークショット / ピオリム

パラ:におうだち / 聖騎士の堅陣

魔戦:弓聖の守り星 / ピオリム / (フォースブレイク)

レン:あんこくのきり / デュアルブレイカー / 弓聖の守り星

賢者:弓聖の守り星 / いやしの雨 / 零の洗礼 / マホステ

スパ:ボディーガード / スパークショット / キラポン

どう:マジックバリア / スクルト / 磁界シールド / プラズマリムーバー / 弓聖の守り星 / スタンショット / プレートインパクト / ピオリム

踊り:回復のララバイ / よみがえり節 / キラポン

盾:スペルガード / ファランクス / ビッグシールド

ニ獄

敵の構成

魔幻の芸術家 + エビルキュビズム

※敵の詳細データ → 魔幻の覇王軍(ニ獄)

フィールド
効果
【加速の領域】
敵側:呪文詠唱時間60%短縮 + 行動間隔Up
味方:呪文詠唱時間50%短縮
条件 ・18分以内
・職業:盗賊 / 賢者 / まも / 武闘
・スキル:サプライズラッシュ / ドルマドン / ウォークライ / ためる参
有効な装備

混乱/呪い/おびえ/即死/MP吸収 ガード

闇/呪文 耐性


準備
・混乱/呪いガードは必須。闇/呪文耐性 を積み、更に「ダークタルト」で闇耐性を上げると良い。敵がMP吸収を使ってくるので、MP吸収ガードを用意するか 「けんじゃのせいすい」等を準備しておく
・自分で火力Upできる職業や武器がオススメ。賢者 や ムチ「バイキルショット」/ ツメ「牙神昇誕」等。両手武器だと呪文対策ができないので、片手武器も装備して切り替えて使うのもアリ
 → 扇「風斬りの舞」で範囲火力Upできるが、マッチングする保証が無いし、頻繁に死ぬので自力でUpできないと厳しい
 ※宝珠「復讐のバイシオン」や「将軍のゆびわ」も有効
加速の領域
・呪文が早く唱えられるので、「ラピッドステッキ/早詠みの杖」が不要になる
・敵の行動間隔が早いので、盗賊の各種スタン技を入れると楽になる
戦い方
・双方の敵に幻惑を入れて、多段攻撃を耐えやすくする
 → 賢者「魔導の書」で耐性を下げて、ムチ「スパークショット」を入れる
・敵の呪文が強力なので、賢者は「マホステ」、盾持ちは「スペルガード」を使うと良い
 両手武器だと呪文を防ぎ難いので死者が多く発生する → 賢者は蘇生で忙しくなる
・絵の「大地のデッサン」が広範囲で厄介なので、常に視界に入れて戦う。絵を先に倒すのがオススメ

三獄

敵の構成

魔幻の芸術家 + ダークレアリズム
 + メガンテロックx2体

※敵の詳細データ → 魔幻の覇王軍(三獄)

フィールド
効果
【混沌の領域】
敵側:会心率Up + 呪文暴走率Up + 与ダメ1.2倍
味方:会心率Up + 呪文暴走率Up
条件 ・16分以内
・扇
・百花繚乱
・5人以上同時に死んではダメ
職業 武闘 / 旅芸 / スパ / 踊り ※扇
有効な装備

呪い/マヒ/毒 ガード

/呪文 耐性


準備
・同時死亡NG条件なので、耐性装備を揃えないとダメ。呪いガードは必須。闇/呪文耐性 も用意して、更に「ダークタルト」で闇耐性を上げる
 → 宝珠「復讐の聖女の守り」も用意したい。回復役は、宝珠「復讐の聖なる祈り」や巨商装備がオススメ
・攻撃役は、踊り子(右手に短剣/左手に扇)、バイキ/回復役が旅芸、スパは幻惑/回復補助役となる
 → 無属性武器だと、石を処理しやすい
混沌の領域
・敵の攻撃は会心が出やすいので、盾を持ったキャラは「会心ガード」を使うと良い。敵の与ダメが1.2倍になるので、旅芸「ゴッドジャグリング」で敵の攻撃力を下げないと耐えられない
・こちらの攻撃も会心が出やすいので、踊り子が「タナトスハント」で攻撃すれば 十分な火力となる
戦い方
・同時死亡NGなので、蘇生最優先で行動する。回復は旅芸の「ハッスルダンス」がメインとなるが、ピンチ時は 葉っぱ/しずくを惜しんではダメ。踊り子の「回復のララバイ」を使えば、攻撃しながらHPを回復できるので死に難くなる
 → スパは「ボディガード」を使えるので、死を防ぎやすい
・敵の攻撃が強力なので、双方の敵に幻惑を入れて 多段攻撃を耐えやすくする。呪文攻撃が強力なので、スパは「マホカンタ」、盾持ちは「スペルガード」を使って防ぐ。踊り子は防げないので、スパが「マホカンタ」を掛けて防ぐ
 → 範囲攻撃を複数で喰らうと終了の恐れがあるので、一か所に集まり過ぎないように注意
・絵の攻撃が厄介なので、絵から先に倒す。「グレイブホール」は設置場所を見逃さないように、絵を常に視界に入れて戦う。「カラフルトルネード」で速度低下したら、旅芸「エンドオブシーン」で治す
 → ホールの設置場所が確認できていない場合は、絵の近くに行かない方が良い
・メガンテロックが最も危険。大爆発は広範囲に約680ダメージなので、即終了もあり得る。出現したら、最優先で倒さないとダメ。踊り子の必殺は温存しておいて、石破壊に使うのがオススメ
 → 緑の石は全属性耐性があるので、無属性攻撃で倒す。黄色の石は守備力が高いので、踊り「メラゾーマ」を使うと良い

四獄

敵の構成

魔幻の芸術家 + ワイルドフォビズム
 + 魔幻の剣士 + 魔幻の騎士

※敵の詳細データ → 魔幻の覇王軍(一獄)

フィールド
効果
【不浄の領域】
敵側:状態異常成功率↑大幅Up
味方:状態異常成功率↑少しUp
条件 ・20分以内
・どうぐ使用禁止
・占い師
職業 ALL
有効な装備

魅了/呪い/マヒ/眠り/毒 ガード

闇/呪文 耐性


攻略

基本は一獄と同じなので、一獄の攻略も参考に

準備
・敵の攻撃が強力なので、片手剣にして盾を持つことをオススメ。魅了/呪いガードは必須。更に 闇/呪文耐性を積み、「ダークタルト」を食べると良い
 → キラポン代わりに弓を持つのもアリ
・頻繁に死者が出るので、タロット「審判/太陽」は必須。毒が厄介な上に道具が使えないので、タロット「女教皇」も必須。タロット「死神/教皇/世界/月」等も役に立つ
戦い方
・敵の攻撃が強力なので、十分に備えないと厳しい。タロット「教皇」で守備力をUpし、「ビックシールド/アイギスの守り」を掛ける。呪文攻撃が特に強力なので、「スペルガード」やタロット「世界」を使い、更に「魔結界」で呪文耐性も上げる
 → 弓を持ったキャラが「弓聖の守り星」を使うと、各種状態異常が防げて楽になる
・状態異常が入りやすいフィールドなので、タロット「死神」で呪いを掛けたり、「月」で幻惑させると良い。最低限の人数で壁をすると、敵の行動を減らせるので楽になる
・芸術家は強力な範囲攻撃が多いので、壁をする人以外は離れて攻撃した方が良い。特に「闇の流星」が強力で、闇耐性を積んでいないキャラばかりだと全滅もあり得る