• IKEドラクエ10攻略
    プレイコース活用術

プレイコース活用術

2018-01-16更新

はじめに

PS4版リリース時にひっそりと仕様変更が行われていたのだが、みなさんはご存知だろうか?

分かり難い書き方になっているが、要は、
 「キャラ数の少ないプレイコースに変更する場合に、キャラ削除する必要がなくなった」ということ

過去の仕様

キャラ数を減らした後でないと、少ないキャラコースに変更できなかった
 → 例えば「3キャラコース」に戻すなら、キャラ削除して 3キャラ以下にした後でないとダメ

「キャラ削除しなくてよい」と言われてもピンと来ない人が多いと思うが、実はユーザーに大きなメリットがある変更となっているので、その活用方法を紹介する

活用術の概要

・「5キャラコース」にしてスグに戻すのだが、戻した後でも様々なメリットを得ることができ、費用対効果が大きいのが特徴
 → 通常は「5キャラコース」にすると 毎月+500円必要だが、短期間変更するだけなので200円を1度払うだけ済む

Memo

・現在「5キャラコース」の方は対象外

■メリット一覧

5キャラ倉庫アイテム保存数+50個 ※各キャラ
倉庫用住宅 ※Newアイテム保存数+60個 x2軒
家具保存数+150個 x2軒
便利ツール ※Newコース変更後もプレイ可能
もちもの整理 ※Newアイテム保存数+110個以上 x2キャラ
冒険者の広場 ※Newコース変更後も利用可能
考察
・昔からある活用法だが、キャラ削除が必要なくなったことでメリットが大幅に拡大した
・保存できるアイテム数を爆発的に増やせるので、保存場所に困っている方にオススメしたい

メリット1「5キャラ倉庫」

・捨てられないアイテムの保管場所として、「5キャラ倉庫」が便利

5キャラ倉庫

・5キャラコースにすると、特典として「5キャラ倉庫」が使えるようになる

・3キャラコースに戻すと使えなくなるが、中に入れたアイテムが無くなる訳ではない
 → 5キャラコースに戻せば、アイテムを取り出すことができる

・「使わないが捨てるには惜しいアイテム」の保管場所として最適
 → 3キャラコース中は取り出せないので、入れるアイテムに注意

■保存にオススメ

・再入手できないアイテム
 → ストーリー/イベント等で手に入る物

・最高値が付いているが、現行だと利用価値が無いベルト

考察
・「取引不可のアイテム」を優先して保存すると良い
 → 「取引可能なアイテム」なら、他で幾らでも保存できる
・中に入れたアイテムを取り出すには、料金が必要になるので注意
 → 契約期間中 & 5キャラコースでないと、5キャラ倉庫から取り出せない

メリット2「倉庫用住宅」

・「プレイできなくなったキャラの家」を倉庫代わりに利用可能
 → 家はそのままの状態で残っているので、他のプレイヤーは普通に利用できる

権限設定

・残したキャラが操作できるように、予め権限設定を変更しておく必要がある

・収納家具に60個までアイテムを保存可能
 → 3キャラコース中でも、自由にアイテムの出し入れが可能

・家具150個 / 庭具40個まで設置できるので、家具置き場として利用可能
 → 3キャラコース中でも、自由に設置・撤去が可能

考察
・昔はキャラ削除が必要だったので 家も更地に戻っていたのだが、今は倉庫としてそのまま使える
・チーム集会所に設定できるので、サブキャラの住宅が離れていても「チーム石」でアクセス可
 → 予め設定しておかないとダメ

メリット3「便利ツールでプレイ」

・コース変更でプレイできなくなったキャラでも「便利ツール」は通常通り利用できる
 → 定期的に配給される肉や福引券等も獲得可能

・モンスター牧場にて、残したキャラの「なつき度上げ」に使える
 → Ver4で仲間モンスターの追加が予定されているので、メインキャラでも有効利用できる

・ジェムを使わずに、畑で植物を育てることも可能
 →「タネ植え/収穫」はツールで出来る(ジェム無料)ので、世話は他のキャラがゲーム内で行えばOK

考察
・昔はキャラ削除が必要だったので、当然利用できなかった
・「モンスター牧場 / 釣り / 職人ギルド」等を利用する為には、ゲーム内で解放しておかないとダメ
 → 必要なクエストをクリアしておく。仲間モンスターを1匹でも仲間にしておけば、ジェム不要で牧場も利用可能

メリット4「もちもの整理」

・プレイできなくなったキャラでも「もちもの整理」が使えるので、倉庫代わりに利用できる
 → 本人しかアクセスできない保存場所(どうぐ袋/屋根ウラ収納 等)を倉庫代わりに使える

・「普段使わないアイテム」をプレイできなくなったキャラに送っておき、必要になったら便利ツールの「もちもの整理」から使うキャラに郵便で送れば良い

■倉庫代わりに使える場所

どうぐ袋20個 ※拡張可能
装備袋25個 ※拡張可能
最初の倉庫50個 ※要クエスト
追加倉庫50個 ※要クエスト
屋根ウラ収納60個 ※要住宅
考察
・郵便でログイン中のキャラにも送れるので、結構便利に使える
 → 例えばメインキャラがルーラで自宅に飛ぶのと同時に、便利ツールで必要なアイテムを送れば、スグに受け取れる
・沢山保存したい場合は、ゲーム内で解放しておかないとダメ
 → 追加倉庫 / どうぐ袋拡張 / 装備袋拡張

メリット5「冒険者の広場」

・プレイできなくなったキャラでも「冒険者の広場」は通常通り利用できる
 → 全キャラ対象の報酬なら、受け取ることも可能

考察
・全キャラ対象の報酬は取引不可の物が多いが、福引券なら当選したアイテムをメインに送れる

活用術の流れ

5キャラコースに変更
・利用期間が残り少ない時に「5キャラコース」に変更する
 ※残り10日以下なら200円で済む

     ↓

各種解放
・増やしたキャラでプレイして、各種機能を解放する
 ※最低限で済ますなら、1キャラ1時間も掛からない
・3キャラコースに戻す前に、動作確認しておくこと

     ↓

3キャラコースに戻す
・3キャラコースに戻してから、利用期間を延長する

■3キャラ ⇒ 5キャラ変更料金

■作成したキャラがやること

初期村ストーリー鉄道を利用できるようにする
フレンド/チーム同アカなら最初からフレンドになっているが、別アカの場合は登録が必要
→ フレンドにしてからサポート仲間として雇えば、SP福引券が貰える
住宅購入残すキャラが操作できるように権限設定する
クエスト預かり所/ドルボード/コンシェルジュは必須
※必要なら、追加倉庫等も
仲間モンスター転職/道具使いを解放して、モンスターを最低1匹仲間にする
→ モンスター牧場が使用できる
釣り解放しておけば便利ツールでプレイできる

■参考

活用術のヒント

長期契約しない
・気軽に「5キャラコース」に変更できなくなってしまうので、長期の契約にしない事をオススメ
 → 短期間の契約であれば、「スライムレース」開催中だけ 5キャラコースにするといった使い方もやりやすい
アイテムを分散し過ぎない
・保存場所が分からなくなる事が多いので、キャラクター毎にカテゴリーを決めておくのがオススメ
 → キャラ4は「素材」、キャラ5は「消費アイテム」という感じで決めておく
 ※「もちもの整理」を使えばキャラ単位で検索できるので、倉庫/屋根ウラ収納等と分散して保存しても問題なし
取引不可アイテム
・他キャラの場所に保存できないので一番厄介。取引できるアイテムをなるべく他キャラの場所に保存して、少しでも空けるしかない
 → それでも足りない場合は、課金してオプション倉庫を使うしか手段がない