• IKEドラクエ10攻略
    闇のキリンジ狩り

闇のキリンジ狩り

2019-11-03更新

概要

破格の経験値を持った 魔界のモンスターを狩って、レベル上げを行う
 → キリンジの経験値は、はぐメタの約2倍

対象 闇のキリンジ
場所 ジャリムバハ砂漠
※魔界(Ver5.0エリア)
出現 闇のキリンジ 1体 + サイおとこ・強 1体
→ お供が付くことが多い
玉給 約140万~180万exp
条件 Ver5.0ストーリーのファラザード編を進めている
推奨 LV101以上

狩場

ジャリムバハ砂漠 F4~G4
 → 「ディンガーの関所」から走って行く

・エリアにシンボルが5体居て、即沸き

・「サイおとこ強」のシンボルも多数居るので、LVが低い場合は要注意
 → LV100以下だと襲われる。「不意をつく」のも難しくなるので、オススメしない

Memo

・2~3パーティまでなら、問題なく狩れると思う

モンスターの情報

  • 闇のキリンジ
    けもの系
    HP 約18000
    攻撃力守備力重さ弱点耐性
    約1380約500
    行動
    通常攻撃 攻撃/1体/約565ダメージ
    ※守備力500の場合
    痛恨 攻撃/1体/約1380ダメージ
    ばくれつ棍 攻撃/1体/約0.5倍ダメージx4回
    ドルモーア 闇呪文/1体/約100ダメージ
    バイキルト 強化/味方1体/攻撃力2Up
    追記
    ・2回連続で行動
    ・炎属性の攻撃をすると怒る
    ・幻惑 → やや効きにくいが入る

・攻撃力が高い上に「バイキルト」を使ってくるのが厄介。攻撃力Up か 怒り状態だと、通常攻撃すら即死ダメージになる

・「ばくれつ棍」が一番の脅威。対象になったキャラは、高確率で死亡する

・「ドルモーア」は約100ダメージなので、ラッキー行動と言える

炎攻撃に注意

・「くびなが系モンスター」は、炎属性の攻撃をすると怒るという特徴がある

オススメの構成 ※暫定

構成例 バト(両手剣)x2 + 旅芸(ブメ) + 回復役
共通
SPEC

勝ちどきMP回復、忍耐のMP回復
不意をつく装備(推奨)

■NG
宝珠「開戦時ラリホー」等の敵を止める効果

バト
両手剣

攻撃力770↑
天下無双の極意+15%↑
炎属性以外の両手剣 ※「業炎の大剣」はNG

旅芸
ブメ

特技の回復量+100%(ブメ150p)
防具「ポールスター」
宝珠「ハッスルダンスの奇跡/ハッスルダンスの戦域」

・「ばくれつ棍」が危険なので、回復役は2人以上必須。回復役の1人を旅芸にしているのは、バイキできる&戦闘が長引いた時に「レボルスライサー」を使って火力Upできるから
 ※デスマスターも回復役に該当する

・攻撃役は、バト2人で強引に倒す構成がオススメ
 → 戦士の「真やいば」も有効だが、火力不足との天秤になる

・MP切れになりやすいので、「まほうのせいすい」等を大量に準備しておくこと
 → MP系の宝珠があれば、MP回復の時間ロスを減らせる

狩り方

流れ

・キリンジのシンボルに後ろから接触する
 → 不意をつくことが重要。不意をつけないと、効率が大幅にダウン

・開幕に、旅芸が範囲バイキをする
 → バトが「すてみ」をせずに済む

・あとは、バトが「天下無双」で ひたすら攻撃していく
 → 「サイおとこ強」が居る場合は、先に倒す

Memo

・上手く進めば、1分以内に倒せる。長引いた場合でも、CT技等がチャージする頃なので一気に仕留めたい

プレイヤーが狙われた場合

・前衛に引っかけて壁をしてもらうと、敵の行動が減るので楽になる
 → 下がり過ぎて、戦闘エリアから出ないように注意

死者が出た場合

・一気に崩れる恐れがあるので、最優先で蘇生した方が良い
 →「ばくれつ棍」のセリフが出たら、蘇生する準備をしておく

プレイヤーがデスマスターの場合

・開幕に「死霊召喚」で「よろいのきし」を呼んでおくこと。事故が大幅に減る。「深淵の契り / 死霊の守り」等を使い、守備重視で行動した方が良いと思う