• IKEドラクエ10攻略
    邪神の宮殿16/04/25

邪神の宮殿16/04/25

2016-04-25更新

※ネタバレ注意

4/25~5/9までの 邪神の眷属

■ボス
戦慄の魔元帥(ゼルドラド) + 震撼の冥宰相(ラズバーン)

■有効な耐性

呪い/幻惑/マヒ ガード

/呪文 耐性

※敵の詳細データ → 覇道の双璧 基本攻略

一獄

条件 ・20分以内
・どうぐ使用禁止
職業 ALL

攻略

魔元帥(ゼルドラド)
・通常攻撃が強力なので、「真やいばくだき」を入れたり「スクルト」で守備力を上げると良い。呪文攻撃も強力なので「スペルガード/マホステ/魔結界」等を使う。「覇道の閃撃」は必ず回避する
 → 僧侶が「聖女」を切らさないようにする。比較的軽いので、壁をして攻撃を減らしやすい
・剣を頻繁に召喚するのが厄介。剣の攻撃には呪い効果があるので、呪いガード必須。剣を放置するとドンドン増えるので、スグに強力な範囲攻撃で一掃すると良い
 → 複数の剣から攻撃されると厳しいが、炎耐性があると楽になる。剣をたくさん倒すので、海魔の眼甲があると頻繁にテンションがUPして火力を出しやすい
冥宰相(ラズバーン)
・頻繁にテンションUPされるのが厄介。解除役が専任について、その都度 解除する必要がある。避けれる範囲攻撃ばかりなので、立ち止まる等の行動をしたら回避行動をした方が良い
 → テンションUPからの各種範囲攻撃で全滅しかねないので、「聖女」を切らさないようにする。状態異常(毒/幻惑/しばり/おびえ)も効きにくいが入るので有効。眠りもかなり効きにくいが入る
攻撃方法
・剣が厄介なので、魔元帥から先に倒すと良い。その間、最小限の人数で、冥宰相 に対応する
 → 双方に対して壁をして隔離していれば、冥宰相の範囲攻撃を回避し易いので安定する
・どうぐが使えないので、MP切れの恐れがある。宝珠「忍耐のMP回復」は必須。レン「妖精たちのポルカ」が発動すると楽になる
 → 僧侶は「マホトラのころも」を使うと良い

ニ獄

条件 ・18分以内
・戦士 or バトマス or 僧侶 or パラ
・両手剣 or ヤリ
職業 戦士/バト ※両手剣
僧侶/パラ ※ヤリ

攻略

回復が厳しい
・一獄と比べると、全員が盾を持てず 僧侶は杖も持てないので 回復が厳しい。僧侶が聖女を配って切らさいようにし、「スクルト」でワンパンに耐えられるようにする
 → 全員が最低でも呪いガードは準備して、僧侶の負担を減らす。僧侶は「天使の守り」も掛けて、死を防ぐ
・壁をして敵の行動を減らすことが大事なので、僧侶は前衛に「ズッシード」を掛けて支援する
 → 範囲攻撃を複数が喰らうと回復が追いつかなくなるので、できる限り避けること
攻撃方法
・バイキルトができるキャラが居ないので、「すてみ」があるバトマスがメインのアタッカーとなる。「ミラクルブースト」からの「天下無双」で、HPを回復させながら攻撃すると良い。バトマスの人数が少ない場合は、僧侶も攻撃を手伝わないと、時間が厳しい
・強力な範囲攻撃が無いので、剣の処理に時間が掛かる。両手剣は「ビッグバン」、ヤリは「ジゴスパーク」でまとめて攻撃する。僧侶もできる限り手伝うと良い
 → 海魔の眼甲を装備すると、頻繁にテンションUPして 火力がアップできる。バトマスは「テンションバーン」も有効

三獄

条件 ・16分以内
・短剣
・ナイトメアファング
・アクセサリー/証 禁止
職業 魔使/盗賊/旅芸/踊り※短剣

攻略

アクセ禁止
・アクセサリーが禁止されているので、 HPが少なく ワンパンで簡単に死んでしまう。回復役が旅芸しかいないので、「聖女」がなく回復量も少ないので非常に厳しい
 → 前回ほどではないが、かなりの難易度
・呪いガード、 料理「ファイアータルト」は必須。更に、宝珠で補う必要がある
 → 全職共通で「復讐の聖女の守り / 復讐のスカラ / 復讐のテンションアップ」。魔法使いは「復讐の早詠みの杖」、旅芸は「復讐の聖なる祈り」。更に、各職業で良く使うスキルも強化した方が良い
・踊り子は両手に武器が持てるので、左手に短剣/右手に扇を持って、扇の特技を使えるようにすると良い
 → 短剣さえ装備していれば別の武器も持ち込める。メインの火力は魔使なので、踊り子は補助役に徹した方が良い
防御方法
・全員で協力しないと防ぎきれない。先ずは 基本となる壁を徹底して、敵の攻撃を減らす
 → 敵が立ち止まる等の怪しげな行動をしたら、回避の準備して、できるだけ範囲技を喰らわないようにする。盗賊の「サプライズラッシュ/お宝ハンター」等でスタンさせるのも良い
・全員が盾を持てるので「スペルガード/ビッグシールド」を掛ける。魔使「ヘナトス」や旅芸「ゴッドジャグリング」で 敵の攻撃力を下げ、踊り子「花ふぶき/百花繚乱」で敵を幻惑させると良い
 → 旅芸の必殺「アクロバットスター」が発動すると、全員の身かわし率が上がって 助かる率がアップする
・敵2体を自由にさせると防ぎ切れないので、冥宰相をどれだけ状態異常にできるかが勝負となる。「ナイトメアファング」をチャージしたら、全員が積極的に使う。魔使がチャンスチャージしたら「げきりんのさとり」から「ラリホー」を入れると、高確率で眠らせることできる
 → 短剣スキル「状態異常成功率アップ」は必須。「おたけび」、盗賊「クモノ」等も有効
・回復は旅芸がメインで行うが、間に合っていない時は「せかいじゅの葉 / せかいじゅのしずく」を惜しみなく使わないと厳しい
 → 複数の死者が出たら、踊り子の「よみがえり節」でまとめて蘇生する。踊り子の「回復のララバイ」も有効
攻撃方法
・「ぶきみなひかり」で敵の呪文耐性を下げて、魔使がメインで攻撃していく。踊り子「会心まいしんラップ」や 盗賊「ピオリム」で補助すると良い
 → 「ぶきみなひかり」は、魔使以外が入れる
・剣が厄介なので、魔使「マヒャデドス」や踊り子「ピンクタイフーン」でまとめて攻撃すると良い。魔元帥の壁をして行動を減らすと、呼ばれる回数が減るので楽になる
 → 範囲技は、剣出現に備えて温存しておく
・冥宰相のみになったら、他のキャラも積極的に攻撃に参加する。毒が入るので、「たたかいのビート」からの「タナトスハント」で攻撃すれば良い
 → 「逆鱗のころも」に物理攻撃して、マヒしないように注意