• IKEドラクエ10攻略
    ギュメイ将軍 攻略

ギュメイ将軍 攻略

2017-12-27更新

敵の情報

  • ギュメイ将軍
    けもの系
    HP 約60000
    攻撃力守備力重さ弱点耐性
    約1080約460なし
    行動
    通常攻撃 攻撃/1体/約400ダメージ
    マヒャド斬り 氷攻撃/1体/約550ダメージ + 凍りつく(おびえ·5秒間)
    斬り上げ 攻撃/前方範囲/約1.3倍ダメージ + ふっとび転(5秒間)
    ※横に逃げれば回避可能
    刀を青に変更 強化/自分/行動間隔2Up + 攻撃力2Up + ドラゴンビート(敵が死ぬとテンションUp)
    刀を黄に変更 強化/自分/行動間隔2Up + 与ダメ1.25倍(90秒間)
    ※ドラゴンビートは解除される
    刀青の場合
    無心こうげき 攻撃/1体/約1.5倍ダメージ
    ※会心が出やすい
    さみだれ斬り 攻撃/ランダム/約0.6倍ダメージx5回
    ※会心が出やすい
    刀黄の場合
    通常攻撃 攻撃/1体/1倍ダメージ + 感電(徐々にHP減少) + 被ダメUp(1.5倍)
    ※約20秒間
    ギガブレイク 光攻撃/自分周囲/約600ダメージ
    ※敵から離れていれば避けられる
    ギガクロスブレイク 光攻撃/扇状範囲/約450ダメージx2回
    ※対象者から離れれば避けられる
    追記
    ・2回連続で行動する
    ・刀の色によって行動が変化する

■敵の特徴

ギュメイ将軍
・物理攻撃が主体の敵。パワーアップすると刀の色が変化し、色によって行動が異なるのが特徴
・それほど重くないようなので、パラ1人で抑え込む事も可能

準備

ステータス

HP580↑

耐性

おびえ ガード

耐性

アクセ

炎光の勾玉

宝珠

[炎]鉄壁の光耐性

料理

ライトタルト

・各種攻撃に耐えれるように、HP580↑が必要

・「マヒャド斬り」を喰らうと凍りつくので、前衛は「おびえガード」があると良い
 → 硬直時間は5秒程度なので、必須という程では無い

・「ギガクロスブレイク」をそのまま耐えるには、光耐性40%↑が必要
 → 敵を弱体化させて耐えることもできるが、耐性をキチンと用意した方が安全

攻略法

■全体

敵の行動間隔が早いので、壁をして敵の行動を減らすと良い。敵の攻撃が強力なので、壁が成立してない場合は「後出し行動」をすると攻撃を避け易い

斬り上げ
横に逃げれば回避可能だが、対象者が避けるのは結構むずかしい。他のプレイヤーを巻き込まないようにすることを重視した方が良い
 → スライダークの「ソードリッパー」みたいに対象者を追従する技。遠くまでは届かないので、後衛は距離を取っていれば当たらない

■刀の色変化

通常時は それ程でもないが、パワーアップして刀の色が変化した時が危険になる
 → 一気に崩壊する可能性がある。「零の洗礼」等でスグに解除しないとダメ

刀青の場合
・「さみだれ斬り」が脅威。敵の攻撃力をダウンさせるか、賢者「きせきの雨」を使って耐えると良い
 → 守備力の低い後衛だと 攻撃力ダウンしても耐えられないので、単独で受けないようにしないとダメ
・敵の攻撃力Up等は解除できるが「ドラゴンビート状態」は解除できないので、死者が出て一気に崩れないように注意が必要
刀黄の場合
・「ギガクロスブレイク」が脅威。聖女で死を防げないので、光耐性を積んだ方が安全
 → 敵の攻撃力をダウンさせておけば耐えられる
・通常攻撃に「被ダメUp」の効果が付加されるのも厄介。多くの攻撃に耐えられなくなるので、一旦下がった方が良い
 → 必ず感電とセットで付与されるので、見逃すことは無い。20秒程度で、感電と共に効果が消える

構成例

物理構成
【構成】戦士x2 + 魔戦 + 賢者
【構成】戦士 + まも + 魔戦 + 僧侶
・戦士が「真やいば」を維持しながら、物理攻撃していく構成。まもor賢者が解除役を行う
魔法構成
【構成】パラ + 魔使x2 + 賢者
【構成】パラ + 魔使 + 賢者 + 僧侶
・パラが抑え込んで、後方から魔法で攻撃する構成

■サポート仲間で戦う場合

物理構成
【構成】戦士x2 + 旅芸 + 賢者(自分)
・戦士2人で「真やいば」を維持しながら、物理攻撃していく。プレイヤーが賢者となり、敵の解除を徹底していれば何とかなる
 → サポート仲間だと解除を後回しにして危険なので、プレイヤーが解除役をするのが確実
IKEドラクエ10攻略