• IKEドラクエ10攻略
    導入ガイド

導入ガイド

2018-07-29更新

概要

ドラクエ10は 複数機種でリリースされているのに加えて、バージョンアップを重ねて来たことで色々と複雑になっている部分もあるので、分かり易く解説する

プレイに必要な物

Windows
WiiU
Switch
PS43DS
dゲーム
ソフト 約3000~5000円
※Verにより異なる
無料
利用券 毎月 約1000~1500円
※キャラコースによる
毎月 約1500円
※5キャラコースのみ
毎月 約1620円
※30日券の場合
オプション 0円~
※利用するなら料金が必要
アカウント 各ゲーム機のアカウント
(ニンテンドーアカウント、SEN等)
※Windows/WiiUは不要
スクウェア・エニックス アカウント
※全機種共通

※追加倉庫/おしゃれ装備等を利用すると別途料金(オプション)が必要になるが、利用しなくてもプレイに支障がないので、ここでは説明を省略する

クラウド版

・3DS/dゲームは、クラウドサーバー上の仮想ゲーム機でプレイする
 → リモートプレイみたいな感じ。映像を通信するので高速回線が必要

・クラウドサーバーでは常に最新のソフトが動いているので 追加パッケージのインストールが必要ないが、利用券が少し割高になっている

ソフト

現在発売されているのは、以下の3タイプ

BASICパック (Ver1~3) 約3000円
オールインワン (Ver1~4) 約5000円
Ver4追加パッケージ 約4000円

・最新Verを導入していなくても既存のコンテンツはプレイはできるが、追加コンテンツはプレイできない

新規ならオールインワンがオススメ
・BASICパックは手頃な値段だが、追加パッケージの値段が高いのがネック
・お試しなら体験版があるので、購入するならオールインワンにした方が良いと思う

利用券

ドラクエ10では、プレイするのに利用券(サーバー利用料金)が毎月必要

3キャラ
コース
4キャラ
コース
5キャラ
コース
Win
WiiU
Switch
PS4
30日間利用券1000円1300円1500円
60日間利用券1950円2550円2950円
90日間利用券2900円3800円4400円
3DS
dゲーム
3日間利用券378円
10日間利用券702円
30日間利用券1620円

・Win / WiiU / Switch の3機種は、利用券が共通
 → 例えば、WinとSwitchの両方でプレイできるアカウントなら、1機種分の利用券で両方遊べる

・PS4版は、5キャラコースのみ

・クラウド版はキャラコースが無いが、他の機種に連動したキャラでプレイできる
 → 例えば、Winで5キャラコースなら、3DSでも5キャラプレイできる

先ずは3キャラコースで
・プレイコースはいつでも変更できるので、先ずは料金の安い3キャラコースで始めれば良い
 → PS4 は5キャラコースしか選べない

キッズタイム

・利用券が切れていても、キッズタイムならプレイ可能(クラウド版を除く)

 月~金 → 16:00~18:00 ※祝日の場合も
 土~日 → 13:00~15:00

アカウント

・ゲーム機でネットを利用するには、各ゲーム機のネットアカウントが必要になる
 → 各ゲーム機の有料ネットサービス(Nintendo Switch Online、PS Plus等)は、利用しなくてもプレイ可能

・ドラクエ10のサーバーには、「スクエニアカウント」でログインする

セーブデータ
・ドラクエ10では ゲームの進行状況がサーバーに自動保存されるので、他ハードでプレイしても同じデータでプレイが可能
 → 自宅ではPCでプレイし、外出先ではSwitchでプレイみたいなことも可能

プレイできる範囲

・DQ10では、スクエニアカウント単位で「プレイできる範囲」が管理されている
 → ソフトがインストールされていても、権利が無いアカウントではプレイできない

・現在の状況は、公式サイトの「アストルティア入国管理局」にて確認できる
 → PS4/クラウド版は仕組みが違うので、ここでは確認できない

レジストレーションコード登録
ソフトに付いている「レジストレーションコード」をスクエニアカウントに登録することで、そのアカウントでプレイする権利を得られる
 → ダウンロード版の場合、コードはメール等で送られてくる
PS4版の注意
PS4版では、ソフトに付いている「プロダクトコード」をSENアカウントに登録する。そのSENアカウントとスクエニアカウントを紐付けすることで、プレイする権利が得られる仕組みになっている
 → 仕組みが複雑なので、間違ったアカウントに紐付けしないように注意

無料体験版

WindowsやPS4があるなら、先ずは無料体験版で始めるのがオススメ。一部制約があるが、かなりのボリュームをプレイできる

■主な制約

ストーリー・Ver1終盤手前まで
マップ・Ver1の町/フィールドのみ
※住宅村/迷宮等へは行けない
レベル・LV50まで
※特訓モードは使えない
・職人はLV9まで
クエスト・Ver1範囲のクエスト
※バザー等の制限されているクエストを除く
その他の制限・取引ができない
・バザーを使えない
・周りにチャットができない
→フレンドになればチャット可能
ソフト1本分のボリューム
・ライトなRPG1本分くらい(数十時間)は遊べるので、かなり「お得」
・他プレイヤーとのコミュニケーションに制限があるのでオンラインゲームを完全に体験できる訳ではないが、オンライン特有の雰囲気は感じられると思う