• IKEドラクエ10攻略
    ゼルメア地下10階~の統計分析で判明したこと

ゼルメア地下10階~の統計分析で判明したこと

2019-03-30更新

概要

地下10階~を120回プレイしてみて、分かったことをまとめてみました。データ数としては不十分ですが、色々な傾向は見えてきたと思います

■更新
19/03/30 特殊MAPを追記

Memo

今後もプレイを重ねて、データの信頼性を上げていく予定です

「謎の大燭台」のデータ

・様々なキャラで120回プレイして、炎が大きくなったのは合計25回
 → 最低は2プレイ。最大は10プレイで炎が大きくなった

・恐らく、プレイ結果に関係なく抽選していると思われる
 → 探索結果の良し悪しに関係なく 炎が大きくなっていたので…

・サブ垢でメインキャラを何十周もさせたが、メインの炎が大きくなることはなかった
 → リーダー以外は抽選の対象外

・聖紋を多く使っても、抽選結果に影響しない
 → サブ垢はメインを連れて行くのに聖紋を2個ずつ消費したが、確率が殆ど同じなので

大燭台の法則
・約4.8プレイに1回くらいの割合で、ランダムで炎が大きくなる
・リーダーでない状態でプレイしても、炎が変化することは無い

各階のパターン

各階層の部屋数や文様パターンは、以下のような組み合わせになっているようだ
 → 部屋数の少ないパターンは出現率が低いので、間違いがあるかも

■各階のパターン(通常MAPのみ)

部屋文様パターン
地下5階
開始→鱗3
8部屋
・鱗1x2 + 他x2~3
・鱗2x1 + 他x2~3
9部屋
・鱗1x3 + 他x2~3
・鱗2x1 + 鱗1x1 + 他x2~3
地下6階
開始→鱗2
8部屋
・鱗1x2 + 他x2~3
・鱗2x1 + 他x2~3
9部屋
・鱗2x1 + 鱗1x1 + 他x2~3
・鱗3x1 + 他x2~3
地下7階
開始→鱗2
9部屋
・鱗1x2 + 他x3~4
・鱗2x1 + 他x3~4
・鱗3x1 + 他x3~4
10部屋
地下8階
開始→鱗2
9部屋
・鱗1x2 + 他x3~4
・鱗2x1 + 他x3~4
・鱗3x1 + 他x3~4
10部屋
地下10階
開始→鱗3
8部屋
・鱗1x2 + 他x2~4
・鱗2x1 + 他x2~4
9部屋
・鱗1x3 + 他x1~4
・鱗2x1 + 鱗1x1 + 他x1~4
地下11階
開始→鱗2
8部屋
・鱗1x2 + 他x2~4
・鱗2x1 + 他x2~4
9部屋
・鱗2x1 + 鱗1x1 + 他x1~5
・鱗3x1 + 他x1~5
地下12階
開始→鱗2
9部屋
・鱗1x2 + 他x2~5
・鱗2x1 + 他x2~5
・鱗3x1 + 他x2~5
10部屋
地下13階
開始→鱗2
9部屋
・鱗1x2 + 他x2~5
・鱗2x1 + 他x2~5
・鱗3x1 + 他x2~5
10部屋

・部屋数/開始地点の鱗/途中で拾える鱗の数などは、地下5階~の対応する階層と全く同じパターンになっている
 10階→5階、11階→6階、12階→7階、13階→8階

・違いは、文様の数。例えば 地下11階だと、鱗以外の文様が1~5個と幅広くなっている
 → 実は、これが大問題

文様の数が増えたことによる問題

※地下11階の例

・上のMAPを見れば一目瞭然だが、文様の数が増え過ぎて空き部屋が無い。「はざまの回廊」が入る隙間が無いので、回廊の出現率が下がっている可能性がある
 → 回廊は空き部屋に出現するので。回廊抽選がハズレだったから、このMAPが選ばれた可能性もあるので、本当に確率が下がったかどうかは不明

・文様の数が多いと、鱗を拾った際に当りが検索される確率が低くなる
 → 文様の数が少ない方が、階段/鱗が検索される確率が高い

・文様の組み合わせパターンが増えるので、MAPが膨大に増えている
 → 例えば6階だと3乗の組み合わせだったものが、11階だと最大5乗の組み合わせになる

各階の法則
・基本的には地下5階~と大差ない。違いは文様パターンが増えたことくらい
 → パターンが膨大に増えてMAPが一致しなくなった点が大問題なのだが…

MAP数

上記の項目でも触れたが、地下10階以降はMAPが膨大に増えている。どの程度増えたかは、雪豹さんのサイトを利用させてもらって検証する

参考サイト

ご存知の方も多いと思いますが、雪豹さんのサイト(雪豹の記録保管庫) に膨大な数のMAPが掲載されています
 → 3/28時点で、約3360枚もMAPが掲載されている

■MAP一致率

プレイ 一致回数 一致率
全120プレイ13回/321map4.05%
直近20プレイ3回/64map4.69%
※直近20プレイは、3/27~28にプレイ

・残念ながら、殆ど一致しない結果になってしまった。これだけ大量に登録されているにも関わらず、この程度の一致率ということは、恐ろしい数のMAPが存在していることを意味する
 → 運が悪かっただけなら良いのだが…

MAP総数は、恐らく5万以上!
・当面は自力でクリアしないとダメなようだ
 → 雪豹さんのサイトで一致率が50%程度になるのは2~3か月先になると思う

「ふしぎな燭台」のデータ

通常MAPで出現する「ふしぎな燭台」は、以下のようになった

■燭台出現率 ※通常321map

燭台 出現数 出現率
青燭台76回23.68%
黄燭台19回5.92%
赤燭台11回3.43%
白燭台4回1.25%
合計110回34.27%

・燭台は、3mapに1回程度は出現するようだ

・現状だとデータが少ないので、「謎の大燭台」利用時のデータも合算しているが、それでも青以外の燭台が出る確率は低い。白燭台は激レア
 → 「謎の大燭台」利用時は青燭台が出ないので、他の色が出やすくなる

■燭台の正解ルート率

燭台は ハズレルートに置かれていることが多いように思うので、プレイ結果から正解ルートに置かれている確率を算出してみた

置かれている場所 回数 確率
正解ルート27回24.55%
ハズレルート83回75.45%

■燭台専用MAP

青以外の燭台を使用すると、次の階層では専用MAPが出現する
 → 階層に関係なく専用MAPが出現するようだ

  • 黄燭台MAP

    メタル/ゴールド系モンスターが3つ出現する8マスmap。形状は様々

  • 赤燭台MAP

    ボスモンスターが3つ出現する8マスmap。形状は様々

  • 白燭台MAP

    光った宝箱が複数出現し、必ずクリアできるボーナスMAP。左右反転の形状もある

・白は1本道なので良いが、問題は黄と赤。普通のMAPと同じように階段を見つけないとダメだが、現状だとMAPが登録されてないので自力でクリアする必要がある
 → 稀にしか行けないMAPなのが問題。MAPの種類が少なければ、スグに全パターン見つかるかも?

燭台の法則
・燭台はハズレルートに置かれていることが多い。鱗が余っている時以外は、使用してはダメ
 → 階段の場所が分かっても辿り着けない可能性大。使用する時は慎重に
・「謎の大燭台」は、青以外の燭台を引くチャンス。持ち寄りすると、かなり有利かも
 → 赤/白燭台を引ければ光った宝箱を多数入手できるので、最深部にたどり着けなくでもOKになる

特殊MAP

・地下11階以降では、地下6階~と同じ特殊MAPが出現することがある

・上記のMAPは 新しく追加された特殊MAPで、燭台を使うMAPになっている
 → 画像だと分かりにくいが、白燭台なので激熱。次もボーナスMAPになるので、合計2階層クリアできる

・特殊MAPの出現率が下がっているようで、120回プレイして12回しか出現しなかった

特殊MAPの法則
・特殊MAPが選ばれる確率は 約5%程度で、かなり出にくくなっている
 → 地下6階~だと10%ぐらいは出現していたので

階段までの距離

現状だとデータが少ないので、部屋数の多いMAPのみを集計

■地下10階(9マスのみ)

1マス 回数数 確率
1マス0回-
2マス7回6.80%
3マス46回44.66%
4マス36回34.95%
5マス13回12.62%
6マス1回0.97%
合計103回100%

■地下11階(9マスのみ)

1マス 回数数 確率
1マス0回-
2マス25回36.23%
3マス30回43.48%
4マス12回17.39%
5マス2回2.90%
合計69回100%

■地下12階(10マスのみ)

1マス 回数数 確率
1マス1回1.56%
2マス36回56.25%
3マス21回32.81%
4マス5回7.81%
5マス1回1.56%
合計64回100%

■地下13階(10マスのみ)

1マス 回数数 確率
1マス1回2.38%
2マス18回42.86%
3マス21回50.00%
4マス2回4.76%
5マス0回0%
合計42回100%
階段の法則
・階段の位置は、地下5階~と似たような傾向にありそう
 → 同じアルゴリズムで自動生成していると思うので、似たような配置になる筈
IKEドラクエ10攻略