• IKEドラクエ10攻略
    邪神の宮殿18/09/10

邪神の宮殿18/09/10

2018-09-10更新

※ネタバレ注意

9/10~9/24までの 邪神の眷属

敵の構成

魔幻の芸術家 + お供

※各獄で「お供」が異なる

特記事項

特殊なフィールド効果がある場所で戦う

※各獄で効果が異なる

■敵の主な特徴

魔幻の芸術家
・「マダンテ/神速メラガイアー/連続ドルマドン」等の強力な呪文攻撃を使ってくる。6回攻撃の「念じボール」や「闇の流星」といった闇属性攻撃も強力。「怨嗟のはどう」や「冥府の地鳴り」の状態異常攻撃も厄介

戦闘概要

敵の構成

魔幻の芸術家 + ワイルドフォビズム
 + 魔幻の剣士 + 魔幻の騎士

※敵の詳細データ → 魔幻の覇王軍(一獄)

フィールド
効果
【不浄の領域】
敵側:状態異常成功率↑大幅Up
味方:状態異常成功率↑少しUp
条件 ・20分以内
・どうぐ使用禁止
難易度 ★★ 難易度低め

準備

■オススメ

耐性

魅了/呪い/マヒ/眠り/毒 ガード

闇/呪文 耐性

アクセ

金のロザリオ

料理

ダークタルト

※赤字は必須

・状態異常になりやすい戦闘なので、赤字の耐性は揃えた方が良い

攻略

全体

・敵の攻撃が強力なので、十分な備えが必要。盾を使ったり、呪文対策が必要になる

不浄の領域
・敵味方共に状態異常率がUPするフィールドなので、それに応じた戦い方が必要となる。耐性装備を揃えるだけでなく、「キラポン」を掛けて各種低下も防ぐ
・敵にも状態異常が入るので、幻惑等の各種状態異常を掛け、「ヘナトス」等で敵の攻撃力を下げると良い
 → 「ルカナン」等で敵の守備力を下げるのも有効

前半戦

・敵をフリーにさせていたら回復が追いつかないので、壁をして敵の行動を減らす事が重要
 → 状況によっては、職業に関係なく 壁をする意識がないとダメ

・死者が出たらスグに蘇生すること。蘇生は僧侶以外がやるのが望ましいが、道具が使えないので注意

・仲間呼びされてしまったら 騎士/剣士 をスグに倒さないとダメ。再び呼ばれると、手に負えなくなる危険がある

ワイルドフォビズムから先に倒す
・厄介な攻撃が多いので、絵から先に倒して行く

後半戦

・芸術家だけになっても、強力な攻撃で全滅の恐れがある。1ヶ所に固まり過ぎないようにしながら攻撃していく

戦闘概要

敵の構成

魔幻の芸術家 + エビルキュビズム

※敵の詳細データ → 魔幻の覇王軍(ニ獄)

フィールド
効果
【加速の領域】
敵側:呪文詠唱時間60%短縮 + 行動間隔Up
味方:呪文詠唱時間50%短縮
条件

・18分以内

・何れかの武器
 オノ / 扇 / ハンマー

・何れかの特技
 真・オノむそう / 百花繚乱 / プレートインパクト

・配られた道具以外使用できない
 せかいじゅの葉x12 / せかいじゅのしずくx5 / ようせいの霊薬x4

職業 戦士 / レン / まも ※オノ
武闘 / 旅芸 / スパ / 踊り ※扇
パラ / バト / どう ※ハンマー
難易度 ★★ 難易度低め

準備

耐性

混乱/呪い/即死 ガード

/呪文 耐性

アクセ

金のロザリオ

料理

ダークタルト

※赤字は必須

・キラポンが配れないので、耐性はキッチリ揃えないとダメ

攻略

全体

・職業に関係なく、配給されたアイテムを積極的に使った方が良い

フィールド効果「加速の領域」
・敵の行動が早くなるので、壁の重要度が増す戦闘となる

前半戦

・敵をフリーにさせていたら回復が追いつかないので、壁をして敵の行動を減らす事が重要

エビルキュビズムから先に倒す
・厄介な攻撃が多いので、絵から先に倒して行く
・「大地のデッサン」は広範囲攻撃なので、常に視界に入れて戦い、ジャンプで回避すること
・配給されるアイテムに限りがあるので、「ギガマホトラ」を何度も喰らうとMP切れになる恐れがある

後半戦

・芸術家だけになっても、強力な攻撃で全滅の恐れがある。1ヶ所に固まり過ぎないようにしながら攻撃していく

戦闘概要

敵の構成

魔幻の芸術家 + ダークレアリズム
 + メガンテロックx2体

※敵の詳細データ → 魔幻の覇王軍(三獄)

フィールド
効果
【混沌の領域】
敵側:会心率Up + 呪文暴走率Up + 与ダメ1.2倍
味方:会心率Up + 呪文暴走率Up
条件

・16分以内

・何れかの職業
 武闘

・何れかの特技
 ためる参

・配られた道具以外使用できない
 せかいじゅの葉x12 / せかいじゅのしずくx5 / ようせいの霊薬x4

難易度 ★★★ 普通

準備

■オススメ

武器

ツメ + 扇

耐性

呪い/マヒ/毒 ガード

/呪文 耐性

アクセ

金のロザリオ

宝珠

復讐の聖女の守り / 復讐のスカラ

一喝の閃き

料理

ダークタルト

※赤字は必須

・武器は火力重視なら「ツメ」、死ににくさを重視するなら「棍」。できれば「扇」も用意して、「風斬りの舞」で味方をバイキすると良い

攻略

全体

・回復できるキャラが居ないので、配給されたアイテムを全員が積極的に使わないとダメ

・多段攻撃が多いので、扇で幻惑させると助かる確率がアップする

・「一喝」が入り易くなっているので、各プレイヤーが順番に使っていくと楽になる

フィールド効果「混沌の領域」
・会心が出やすいフィールドなので 火力は出しやすいが、敵の会心で死にやすくもある

前半戦

・厄介な攻撃が多いダークレアリズムから先に倒して行く

・絵が召喚する「メガンテロック」も脅威。召喚されたら大爆発する前に倒さないとダメ
 → 緑の石は全属性耐性があるので、無属性攻撃が良い
 → 黄色の石は守備力が高いので、会心狙いで攻撃すると倒しやすい

要注意攻撃「グレイブホール」
・絵が設置する「グレイブホール」が厄介。設置するとスグに見えなくなるので、大量の死者が出やすい
 → 蘇生しようとして罠にはまる悪循環が生まれやすい
・常に視界に入れて戦い、設置場所を覚えておくこと。分からない場合は、不用意に近づかない方が良い

後半戦

・芸術家だけになっても、強力な攻撃で全滅の恐れがある。1ヶ所に固まり過ぎないようにしながら攻撃していく

戦闘概要

敵の構成

魔幻の芸術家 + ワイルドフォビズム
 + 魔幻の剣士 + 魔幻の騎士

※敵の詳細データ → 魔幻の覇王軍(一獄)

フィールド
効果
【不浄の領域】
敵側:状態異常成功率↑大幅Up
味方:状態異常成功率↑少しUp
条件

・18分以内

・何れかの職業
 まも / 賢者 / 旅芸 / 占い / 踊り

・何れかの特技
 スキルクラッシュ / ドルマドン / ゴッドジャグリング / 魅惑の水晶球 / 魔力のバラード / つるぎの舞

・配られた道具以外使用できない
 せかいじゅの葉x12 / せかいじゅのしずくx5 / ようせいの霊薬x4

難易度 ★★ 難易度低め

準備

■オススメ

職業

占い

耐性

魅了/呪い/マヒ/眠り/毒 ガード

闇/呪文 耐性

アクセ

金のロザリオ

料理

ダークタルト

タロット

審判 / 太陽 / 女教皇 / 節制 ※回復

/ 教皇 / 世界 ※補助

死神 / 戦車 / 塔 / 罪人 / 力 ※攻撃

※赤字は必須

・やはり、四獄は占いがオススメ。敵の攻撃が強力なので、片手剣にして盾を持つと良い
 → キラポン代わりに弓を持つのもアリ

・状態異常になりやすい戦闘なので、赤字の耐性は揃えた方が良い

攻略

全体

・敵の攻撃が強力なので、十分な備えが必要。盾を使ったり、呪文対策が必要になる

フィールド効果「不浄の領域」
・状態異常が入りやすいフィールドなので、敵に対して タロット「死神」で呪いを掛けたり、「月」で幻惑させると良い
・味方に対しては、弓「弓聖の守り星」を使うと 各種状態異常が防げて楽になる。毒等の状態異常を喰らったら、タロット「女教皇」で治すと良い

前半戦

・最低限の人数で壁をして敵の行動を減らすと 楽になる。あとは、残りのプレイヤーが 安全な位置からドンドン攻撃して行けば良い

・仲間呼びされてしまったら 騎士/剣士 をスグに倒さないとダメ。再び呼ばれると、手に負えなくなる危険がある

ワイルドフォビズムから先に倒す
・厄介な攻撃が多いので、絵から先に倒して行く

後半戦

・芸術家だけになっても、強力な攻撃で全滅の恐れがある。1ヶ所に固まり過ぎないようにしながら攻撃していく

IKEドラクエ10攻略