• IKEドラクエ10攻略
    ダークキング

ダークキング

2017-04-04更新

※ネタバレ注意

戦闘概要

戦闘方法

「竜牙石x10」を用意して、楽園に居る 管理端末Q485 近くの「転送ゲート」へ
※戦闘に勝利した時のみ、竜牙石が消費される

敵の構成

ダークキング x1体
 + ダーククリスタルx複数

※ダークキングがクリスタルを何度も召喚する。攻撃することはできない

制限時間 20分
敵の強さ 1~4段階
※強さが毎日変化する(1→2→3→4→1)
討伐報酬

【紫箱】※1日1回のみ
 レグナライト (Lv1:5個、LV2:6個、Lv3:7個、Lv4:8個)
 + 稀に追加で アンノウン装備 or ダークグラス

【赤箱】
 ランダム (レグナライトx1 / ダークゼリーx1 / ちいさなメダル3個 or 5個)

ダークキング解放

【条件】
・Ver3.3ストーリーをクリア
・「竜討士」になっている
 → マティルの村にいる プリネラ と話す

【解放】
・条件を満たすと手紙が届くので、楽園に居る 管理端末Q485 の前で「りゅうとうしがあらわれた!コマンド?」と白チャットする

レグナライト

「常闇の聖戦」で共通の報酬。集めると、アイテムと交換可能
 10個 → ダークアイ、20個 → ダークグラス

敵の情報

  • ダークキング
    スライム系
    HP 96,421
    攻撃力守備力重さ弱点耐性
    12477061999-all
    行動
    基怒押 通常攻撃 攻撃/1体/約470ダメージ(守備力600の場合)
    ※LV2:約570ダメージ、LV3:約610ダメージ、Lv4:約670ダメージ
      押 キングプレス 攻撃/自分周囲/約1.3倍ダメージ + ふっとび
    ※強さにより行動が異なる
    基怒  紫雲のたつまき 闇攻撃/対象周囲/約320ダメージ + 猛毒(3秒毎にHP-90)
    基   やみのはどう 攻撃/扇状範囲/最大HPの約46%ダメージ + 全属性耐性Down + 攻撃力2Down + 守備力2Down + 行動間隔2Down + 移動速度Down
    ※後半より、怒り時も使う
    残りHP90%より
    基   召喚 ダーククリスタルを召喚(1個 or 4個)
    ※強さにより行動が異なる
    残りHP50%より
    基怒  ダークテンペスト 風攻撃/ドーナツ状範囲/9999ダメージx2回
    ※敵に密着していると喰らわない
    基怒押 ダークシャウト 状態異常/自分周囲(広範囲)/ふっとび + ショック(15秒間) + 自分のテンション1Up
    ※キラポンで防げない
    追記
    ・2~3回連続で行動
  • ダーククリスタル
    HP -
    攻撃力守備力重さ弱点耐性
    -----
    行動
    ホライゾンレーザ 攻撃/直線上/約590ダメージ
    バーティカルレーザ 攻撃/直線上/約590ダメージ
    追記
    ・攻撃することができない
    ・8回行動すると消滅する

※データは レベル1の値

■耐性一覧

名前















M
P



























ダークキングⅠ
ダークキングⅡ
ダークキングⅢ
ダークキングⅣ

赤:効きやすい、青:効きにくい

■強さ毎のステータス変化

レベルHP攻撃力守備力耐性
96,42112477060.90倍
125,34714347270.85倍
161,98715217480.80倍
202,48416467760.75倍

■強さ毎の行動変化

行動変化
キング
プレス
・使用タイミングが異なる
 Ⅰ :前半[  押] 後半[ 怒押]
 Ⅱ :前半[  押] 後半[基怒押]
 ⅢⅣ:前半[基 押] 後半[基怒押]
ダーク
テンペスト
・行動順番が異なる
 ⅠⅡⅢ:紫雲のたつまき → テンペスト
  Ⅳ :召喚 → 通常攻撃 → テンペスト
召喚

・呼ぶ個数が異なる
 ⅠⅡ:前半[1個] 後半[1個]
 Ⅲ :前半[1個] 後半[4個]
 Ⅳ :前半[4個] 後半[4個]

・後半より、押し合い反撃でも召喚を使う
 → 必ず1個。Ⅳでは押し合い反撃で使わない

連続行動

・行動回数が異なる
 ⅠⅡ:ときどき2回連続で行動
 Ⅲ :必ず2回連続で行動
 Ⅳ :必ず3回連続で行動

通常攻撃で受ける最大ダメージ

黒字:通常時
緑字:守備力2段階Up(概算値)
※宝珠/スキル等のダメージ軽減が入っていない値

レベル守480守580守760
536
約491
510
約454
462
約390
636
約590
609
約553
561
約489
682
約636
655
約599
608
約535
748
約703
722
約666
674
約602

各守備力において、表より多いHPがあれば ワンパンに耐えられる
 → 宝珠/スキル等のダメージ軽減があれば、もっと少ないHPで良い

Memo

・守備力が4増えれば、被ダメが1減る

・宝珠「打たれ名人」、180pスキル「ダメージ軽減」でも、被ダメを減らせる

[例]ダークキングLv4 守備力760 打たれ名人Lv6 の場合
 必要HP = 674[ダメージ] -12[宝珠] +2[残り] = 664
  → HPが2以上残ると、金ロザ等の効果が得られる

敵の特徴

ダークキング
・敵の攻撃力が高く、プレイヤーのHPが低いと通常攻撃も耐えられない威力。「キングプレス / ダークテンペスト」といった強力な範囲攻撃を使ってくる
・状態異常技も強力。「紫雲のたつまき」で猛毒、「やみのはどう」で弱体や移動速度低下、「ダークシャウト」でショックを与えてくる
 → 移動できないと、テンペスト や レーザー を避けられなくなって 非常に危険
・守備力も高いのでダメージを与え辛い。非常に重いので壁がしにくい上に、押し合い反撃で強力な攻撃を使ってくる。耐性が高めなので、状態異常も入れにくい
ダーククリスタル
・出現した場所から動かず、縦/横 のどちらかの直線範囲(広範囲)にレーザーを出して攻撃する
 → レーザーが発動する前に「光の線」が出るので、見てから避けることは可能
・こちらから攻撃することができず、重くて動かすこともできない。8回行動したら自動的に消滅する
・1個出現の場合は、ダークキングの目線の先に出現する。4個の場合は、残り3個がダークキングの周囲(ランダムな位置)に出現する
 → 一番近くのプレイヤーの方を向いて召喚する。その出現時の向きで、レーザーの方向が決まる

基本構成

構成1 戦士(片手剣) + バト(W片手剣) + 道具(ヤリ&ブーメラン) + 僧侶
構成2 戦士(片手剣)x2 + 道具(ヤリ&ブーメラン) + 僧侶

敵の防御力が高いので 会心狙いの片手剣構成がベスト。戦士が盾を持てるので 壁をしやすくなる。戦士/道具が敵の与ダメを下げ、道具の必殺/特技で敵の被ダメを大きくする
 → Lv4だと時間が厳しいが、バトだと2本の武器で攻撃できるので十分なダメージを与えられる

戦士2構成だと、安全性は高まるが 火力が低くなるのがデメリット
 → Lv4だと時間が厳しくなるので、道具使いも積極的に攻撃しないと間に合わない

必要SPEC

必須

HP607↑ ※打たれ名人Lv6の場合
毒ガード100%

推奨

ワンパンに耐えられるHP&守備力

闇耐性6%↑

・レーザーを喰らってもHPを2以上残す為には、HPが607以上必要
 → HPが2以上だと、金ロザ等で生き残れる可能性がある

・キラポンや毒治療をする余裕が全くないので、毒ガードは必須
 → 毒ガードが付いた防具は、パルプンテでしか付かない効果なので値段が高い

・闇耐性は、「紫雲のたつまき」を喰らった時に「聖女ライン」を割らない為に必要
 → 闇耐性6%は、最大HP607で喰らった場合に HPが半分以上残る水準
 ※闇耐性100%にできるなら、毒ガードは不要

・ワンパンに耐えられるHP&守備力は、ダークキングLv3以降だと 戦士しか条件を満たせない
 → 具体的なHP&守備力は「敵情報」のタブを参照

毒ガード100%にするオススメの方法

ベルト利用
破毒のゆびわ80% + 輝石のベルト10% + 鉄壁の毒ガード10%
※ベルト8% + 宝珠12%でも良い
【長所】新たな防具購入の必要がない
【短所】腰ベルトの効果が使えない ※神ベルトがあるなら別だが
防具のみ
頭40% + 体下60% 等
※一部位で100%でも良い
【長所】将軍の指輪が使える
【短所】高額。頭だとHP、体下だと守備力等が低くなる
指輪 + 体下
破毒のゆびわ80% + 体下20%↑
→ 頭だとHPが下がるので、体下の方が良い
【長所】体下がフリーな装備なら汎用的に使える
【短所】ソコソコ高額。守備力等が低くなる

おすすめ装備

基本は成功品で十分だが、要求SPECに満たない場合は「大成功」で補う必要がある

戦士

部位装備錬金
武器 セイクリッドソード ※武器ガード
はやぶさの剣改 ※2回攻撃
会心
風雲の大盾 ※HP+10
シャーマンシールド ※HP+10
ウルベアの大盾 ※HP+10
聖騎士の大盾 ※闇10%減
盾ガード/
防具 大戦鬼 ※体下フリー
天宮
[頭]HP/毒
[体上]守/
[体下]守/毒
[腕]会心
[足]身かわし
アクセルギア消費
きんのロザリオ攻撃/HP
武刃将軍のゆびわ
破毒のゆびわ
セト/アヌビスのアンク
輝石/戦神のベルトスラ+8%↑
大地の大竜玉
戦士の証

戦士は壁が重要なので、ワンパンに耐えれるHPや守備力が重要となる

攻撃役はスライムベルトが必須なので、神ベルトが無ければ 毒ガードを体下で用意しないとダメ
 → 大戦鬼なら 体下フリーなので「皮のズボン」で毒を用意しても良いが、守備力が低くなり過ぎる問題がある

ダクキンLv4と戦う目安

HP664↑ 守備力760↑

バト

部位装備錬金
武器 はやぶさの剣改 ※2回攻撃
会心
防具 トーテム ※会心+1%/会心ダメ+100
風虎 ※体下フリー/コマンド-0.5秒
[頭]HP/毒
[体上]守/
[体下]守/毒
[腕]会心
[足]身かわし
アクセルギア消費
きんのロザリオ攻撃/HP
武刃将軍のゆびわ
破毒のゆびわ
セト/アヌビスのアンク
輝石/戦神のベルトスラ+8%↑
大地の大竜玉
魔人の勲章ためる

バトも死なないことが大事なので最低限のHPは必要だが、守備力は そこまで重視されない
 → Lv4だと、守備力を盛っても ワンパンで死なないようにできない

攻撃役はスライムベルトが必要なので、神ベルトが無ければ 毒ガードを体下で用意しないとダメ
 → 風虎だと体下フリーで用意しやすいが、火力の高いトーテムの方が望ましい

道具

部位装備錬金
武器
1
タワーランス ※CT短縮
大鳳のヤリ ※武器ガード

呪文速度
※必須でない

武器
2
黒曜のマンダラ ※呪文速度+5%
ダークスター ※呪文速度+5%

呪文速度
※必須でない

ルフの盾 でもOK
盾ガード/
防具 究明者 ※必殺1%
クイック ※コマンド-0.5秒
[頭]HP/毒
[体上]守/
[体下]守/毒
[腕]呪文速度
[足]身かわし
アクセルギア消費
きんのロザリオHP
魔導将軍のゆびわ
破毒のゆびわ
アヌビスのアンク
輝石のベルト
ハイドラベルトHP
大地の大竜玉
魔人の勲章きようさ

道具使いは攻撃力がそれ程重視されないので、HPを盛ったり速度を重視した方が良い

道具使いの防具だとフリーな部位が無いので、毒ベルトが無いと装備に金がかかる

僧侶

部位装備錬金
武器 リトルフェザー ※呪文速度+2%
栄華の王錫 ※呪文速度+2%
エンシェントタクト ※回復Up+5秒
呪文速度
ルーンバックラー ※回魔+7
ルフの盾 でもOK
盾ガード/
防具 神託 ※瀕死時身かわし
フォーチュン ※頭フリー
精霊王 ※頭フリー
[頭]HP/毒
[体上]回魔/
[体下]回魔/毒
[腕]呪文速度
[足]身かわし
アクセルギア消費/HP
きんのロザリオHP
魔導将軍のゆびわ
破毒のゆびわ
イシス/アヌビスのアンク
輝石のベルト毒/回魔
ハイドラベルトHP
大地の大竜玉
僧侶の証

自分が死なないようにHP/守備力を重視し、周りを死なせない為に回魔/速度を重視する

毒ベルトが無いと防具が非常に高くつくので、なんとしてでも毒ベルトを用意した方が良い
→ 毒しか付いていない防具だと HPや回魔が大幅に下がってしまうので、それらも付いた錬金が必要になり、とてつもなく高価になってしまう

おすすめ宝珠

基本的には、生死に関わる物を優先すると良い
 → 赤字が優先するべき宝珠

炎宝珠
不屈の闘志(HP) / 鋼鉄の肉体(守り) / 先見の眼(みかわし率) / 鉄壁の闇耐性 / 鉄壁の毒ガード
韋駄天の足(すばやさ) / 会心練磨 / 神業の手(きようさ) / 深淵なる叡智(MP)
【攻撃役】武神の剛腕(力)
【僧侶】いつくしむ心(回復魔力)
※毒ガードは、100%に足りない場合のみ必要
水宝珠
逆境のみかわしアップ
始まりのチャージタイム短縮 / 始まりの移動速度アップ / 不滅のテンション / 復活のHP回復量アップ / 始まりの聖女の守り / 始まりのキラキラポーン / 忍耐のMP回復
【攻撃役】不滅の攻撃力アップ
【僧侶】ベホマラーの奇跡 / ザオラルの戦域 / 不滅の回復呪文強化 / ベホイムの奇跡
【盾】ヘナトスの盾 / ルカニの盾
風宝珠
打たれ名人 / 復讐の聖女の守り / 果てなき聖女の守り
復讐のスカラ / 果てなき守備力アップ / 復讐のテンションアップ / 共鳴のテンションアップ
【攻撃役】果てなき攻撃力アップ / 奇跡の会心攻撃 / 気まぐれな追撃 / 復讐のバイシオン / 禁断のちからアップ
【道具】バイキルト系呪文の瞬き / 復讐の早詠みの杖 / スカラ系呪文の瞬き / ピオラ系呪文の瞬き
【僧侶】ベホマラーの瞬き / ザオラルの瞬き / 復讐の早詠みの杖 / 復讐の聖なる祈り / 果てなき回復呪文威力アップ
光宝珠
【戦士】真やいばくだきの技巧
【バト】もろば斬りの極意 / 果てなきミラクルブースト / 果てなきテンションバーン
【道具】強化ガジェット零式の閃き / 磁界シールドの瞬き / プラズマリムーバーの瞬き / プラズマリムーバーの戦域 / 果てなき道具倍加術 / 果てなき道具範囲化術
【僧侶】聖者の詩の閃き / 天使の守りの瞬き
闇宝珠
【片手剣】はやぶさ斬りの極意 / 超はやぶさ斬りの極意
【道具】武神の護法の技巧 / さみだれ突きの極意

おすすめ料理

攻撃/道具 バトルステーキ(攻撃力&HP)
スマッシュポテト(攻撃力&会心) ※HPが足りている場合
僧侶 バランスパスタ(HP&MP)

各職業の役割

バト
・メイン火力。「はやぶさの剣改」の二刀流が強く、Aぺチで大きなダメージを与えることができる。守備力が低いので、死なないことが大事
 → 死ぬ回数を減らすことが、一番の火力アップとなる
戦士
・壁をしながら攻撃するのが役割。真やいばを入れて、敵の与ダメを小さくする
・クリスタルの誘導や ターンエンドの処理も担うので、ダークキング戦において非常に重要なポジション
道具
・バイキルト/ピオリム/スクルト/磁界シールドで仲間を補助し、アイテムやプラズマリムーバーで仲間の治療を行う。蘇生も道具が積極的に行い、仲間のMP管理もしないとダメ
・強化ガジェット等の陣を敷いて攻撃を仕掛けることになるので、陣を敷く場所の見極めが重要となる
僧侶
・仲間の回復と聖女を配るのが主な仕事。敵の攻撃が強力だが、できる限り死者を出さないようにすることが非常に重要
 → 死者が出れば他の味方に負担が掛かるし、火力ダウンにもつながる

基本的な戦い方

・前衛2人が壁になり、道具/僧侶が後方にいる陣形が基本となる。敵の攻撃が強力なので、僧侶が「聖女の守り」を配って死なせないようにする。通常攻撃も強力なので「スクルト」を掛けると耐えやすくなる
 → 道具の「磁界シールド」でダメージを軽減するのも有効

・戦士の「真やいばくだき」が入ると、攻撃に耐えれるようになるので楽になる。敵には低下耐性があるので、入らなかった場合は 他の戦士が「真やいばくだき」したり、 道具が「武神の護法」をトライする
 → 戦士2人の場合は、どちらが先に「真やいば」を使うか決めておくこと

・敵の守備力が高いので、前衛は片手剣(会心狙い)で攻撃すると良い。戦士なら盾を装備できるので、敵の強力な攻撃にも耐えやすくなる
 → 道具使いが攻撃を手伝う場合は、無理のない状況で行うこと。優先順位は低い

■戦闘全体での要注意攻撃

やみのはどう
・喰らうと危険なので、絶対に回避しないとダメ。敵の近くに居る場合は 背後に回り込めば回避できる
・僧侶に余裕があれば「キラポン」を掛けて防ぐ。喰らって速度低下してしまったら、道具の「プラズマリムーバー」で治す

作戦切替

・この戦闘では「真やいば」が入っているかどうかで、作戦を切り替えないとダメ
 → 全員が状態を把握すること。また、残り何秒で切れるかも意識しないとダメ

真やいばが入ってない時
・ピンチなので守備的に行動する。盾持ちは「アイギスの守り/ビックシールド」を使って耐える
 → 「聖女の守り」はバトを優先して掛ける
真やいば成功時
・チャンスなので積極的に攻撃する。道具使いの必殺がチャージしていたら、安全地帯に「強化ガジェット零式」を敷いて攻撃すれば大ダメージを与えられる。チャンス特技「災禍の陣」やブメ「レボルスライサー」を使えば、大幅に敵のHPを削れる

タゲ下がり

・狙われた人が下がり 他の人が壁をすると、敵の行動を減らせるので楽になる。追い付かれると全員が攻撃を喰らう恐れがあるので、狙われた人が追い付かれないことが重要
 → 下がった人が 時間の長い技を使うと、追い付かれる危険があるので注意

壁更新
・壁をしていると徐々に外側にズレてくるので、壁更新が必要。他の人が内側に入って壁補助をし、その隙に戦士が壁の位置を調整する
 → 後衛も補助壁に入って手伝う
エンド離脱
・ターンエンドでは「キングプレス」等の強力な攻撃を使ってくるので、戦士以外はエンド離脱し、戦士1人で攻撃を受けるようにすると 被害を大幅に減らせる
 → エンドまでは16秒くらいなので、その前に離脱する。戦士は、盾や「やいばのぼうぎょ」等で耐える

ダーククリスタル対策

・レーザーは 縦/横 に出るので、斜めの安全な位置を意識して戦わないとダメ。広範囲なので、常に視界に入れて避ける準備をしないと厳しい
 → レーザーが発射される前に線が出るので 避けることはできるが、キャンセルできない技を発動中だと回避できない

・クリスタルの近くで戦うと レーザーで敵の攻撃を避けれない場合があるので、クリスタルが出現したら、下がって 安全な位置で戦うようにする

外周誘導
・ダークキングを誘導して 外周を回るように戦うと、クリスタルが外周にしか出現しなくなるので 回避が容易になる
 → クリスタルはダークキングの周辺にしか出ないので、出現位置をある程度コントロールできる
外側誘導
・ダークキングは、近くのプレイヤーの方向を向いてクリスタルを召喚する法則がある(目線の先に召喚する)。外側に居る前衛がダークキングに密着していると、クリスタルの呼ばれる位置が外側になるように誘導することが可能
 → 4個召喚する場合は、3個がランダムなので内側に召喚されてしまうこともあるが、少なくとも向きを揃えることができるので回避が楽になる
※上級テクニックなので、必須ではない

ダークテンペスト対策 ※残りHP50%より

・9999ダメージx2回なので 聖女で死を防ぐことができないが、敵の近くに居れば当たらない。発動タイミングに法則があるので、事前に準備しておいて 必ず回避すること

・クリスタルが密集している場所で「ダークテンペスト」を使われると、回避の為にレーザー地帯に飛び込まないといけなくなる。そういう事態を回避する為にも、クリスタルが呼ばれたら後ろに下がって敵を危険な地帯から外に誘導しておくことが大事

レベルⅠ~Ⅲ
・基本は、「紫雲のたつまき → テンペスト」の順
レベルⅣ
・基本は、「召喚 → 通常攻撃 → テンペスト」の順
・召喚されたら スグに下がって、ダークキングをレザー地帯の外に誘導すること

ダークシャウト対策 ※残りHP50%より

・喰らうと15秒間も動けなくなるので、レザーやテンペストで死ぬ確率が非常に高まる。非常に広範囲なので、回避するのも困難

離れておく
・後半になったら、後衛はなるべく敵に近づかないようにして離れておくと良い
 → 道具「プラズマリムーバー」や僧侶の必殺で治せる
まもりのたて
・盾持ちは「まもりのたて」を掛けておくと、50%の確率で回避できる