• IKEドラクエ10攻略
    黄昏の奏戦記

黄昏の奏戦記

2019-11-15更新

黄昏の奏戦記 とは?

正体不明のボスと連戦するコンテンツ
 → 登場するボスは 役者が演じているという設定で、見た目で正体が分からない

参加条件

クエスト(No331)をクリアして「強戦士の書」を入手している

・LV80以上

報酬

・倒したボスの数だけ報酬を獲得する
 → 初めての相手なら「初回報酬」、2回目以降なら「リプレイ報酬」

・毎月 1日/15日 6時 にリセットされる

※Ver3.4前期 より登場

最近の更新

■Ver5.0(11/1)より
・報酬変更「紫の錬金石」→「黒の錬金石」

11/15~30 の報酬

■魔瘴の夜の夢

相手初回リプレイ
1戦目 身代わりのコイン x1 おうごんのかけら x1
2戦目 ふくびき券 x3 上やくそう x1
3戦目 白紙のカード x3 ゴールドストーン x1
4戦目 黒の錬金石 x10 上やくそう x2
5戦目 ギュメイ将軍コイン x1 詩人の玉手箱 x1

考察
・「黒の錬金石x10」と「ギュメイ将軍コイン」が貰えるので、5戦目までクリアした方が良い
 → ギュメイ将軍コインは、バザーで約3.9万ゴールドの価値(11/15朝の時点)

はじめに

港町レンドア南 B3 に居る 詩人ナスガルド と話して、クエスト(No440) をクリアすると、「黄昏の奏戦記」が解放される

流れ

挑戦開始
港町レンドア南 に居る 詩人ナスガルド と話して、挑戦開始
・「現在のパーティ」or「自動で探す」を選ぶ
 ※サポでもOK

     

ボス戦
・正体不明のボスと 5連戦で戦う
 ※ボスを倒すと、スグに次のボスが出現する

     ↓挑戦終了

結果
・倒したボスの数だけ宝箱が出現
 ※初回報酬は「金箱」、リプレイ報酬は「赤箱」
挑戦

・何度でも制限なく挑戦可能だが、各初回報酬を獲得できるのは期間中に1回のみ

ボス戦ルール

・「全滅する」 or 「制限時間切れ」で、挑戦終了
 ※制限時間は15分

・「どうぐ」は、支給された物のみを使用可能
 → せかいじゅの葉 x3 / まほうのせいすい x3

出現するボス

何れかのボスがランダムに出現する。5戦目のみ固定のボス

1戦目 村人ジョルジュ
Ver2中ボス(弱め)
魔創兵グリモス / 魔創兵ゲゾラ / 魔創兵バスラー
Ver1強ボス(弱め)
アラグネ強 / クァバルナ強 / イッド強 / バサグランデ強 / ジュリアンテ強
迷宮ボス
デーモンキング / ドラゴン・ウー / じごくのヌエ / バラモスゾンビ / キーグハンマー強 / トロルバッコス強
2戦目 町娘エマ
Ver2中ボス(強め)
いたずらジャーミィ / いたずらバーティ / 悪夢の右手 / スイーツトロル / ヘルバトラー / 赤飛竜
Ver1強ボス(強め)
覚醒プスゴン / 悪魔長ジウギス / 水竜ギルギッシュ強 / キャット・リベリオ強 / ウルベア魔神兵強
コインボス(弱め)
アトラス / バズズ / ベリアル
3戦目 海賊キッド
Ver2大ボス
グレイブディガー / 魔導鬼ベゼブー
Ver2強ボス(弱め)
やるきのジャーミィ / やるきのバーティ / 悪夢の右手強 / 悪夢の左手強
コインボス(中くらい)
アトラス強 / バズズ強 / ベリアル強 / バラモス / グラコス
4戦目 魔女オリビア
ストーリー系大ボス(強い)
恐怖の化身 / 災厄の王
Ver2強ボス(強い)
魔女グレイツェル強
コインボス(強い)
ドン・モグーラ / 輪王ザルトラ / 牙王ゴースネル / バラモス強 / グラコス強
5戦目
奏演王ベイオウルフ
※元のコンテンツで複数構成の敵でも、ここでは1匹で登場する

Memo

・戦う度に敵が変わるので、運の要素が大きい
 → 耐性装備を準備しにくい。強敵が出てこられると、難易度が跳ね上がる

報酬について

初回報酬は演目毎に決まっている。リプレイ報酬は全演目共通
 → 演目5つがローテンションで開催される

■初回報酬

演目第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦
竜族の黄昏せかいじゅの葉ふくびき券x3黒の錬金石x7白紙のカードx3スライダークコイン
ガタラの財宝ようせいの霊薬黒の錬金石x3ふくびき券x5黄金のアンクの箱x3竜牙石x30
魔瘴の夜の夢身代わりのコインふくびき券x3白紙のカードx3黒の錬金石x10ギュメイ将軍コイン
レンドアの奇術師ふくびき券x1破魔石x10黒の錬金石x7夢のアクセサリー箱福の神コインx3
ワルキュウリの騎行超元気玉黄金の花びらふくびき券x5黒の錬金石x10ゲルニック将軍コイン

■リプレイ報酬

演目第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦
共通おうごんのかけら上やくそうゴールドストーン上やくそう詩人の玉手箱

攻略のポイント

・出現する敵がランダムなので、どんな敵でも対応できる構成がオススメ

・アイテム制限があるボス5連戦なので、MPがキツイ

準備

構成例 バト + 戦士 + 旅芸(ブメ)/魔戦/天地/占い + 僧侶
※サポを使う場合は、プレイヤーが天地or僧侶
耐性

即死/踊り/眠り/魅了 ガード

呪文/闇 耐性

宝珠

忍耐のMP回復

・戦士の「真やいばくだき」+ キラポンの構成なら、どんな敵が来ても対応しやすい。魔戦を入れると早く倒せるが、旅芸なら特殊な状態異常を治せるので安心
 → サポを使う場合、プレイヤーが僧侶をするのが一番簡単

・耐性は、キラポンで防げない「即死」やピンチになりやすい「魅了」を用意した方が良い。最終戦を考えると、踊り/眠り/呪文/闇耐性も必要

・MP切れの危険があるので、宝珠「忍耐のMP回復」は必須
 → 魔戦を入れるなら、MPの心配はしなくても良い

戦い方

僧侶

・どんな敵であっても、「聖女/キラポン」を配っておけば間違いない。あとは、他のキャラのダメージ状況を見て「スクルト/フバーハ」を掛ける

・僧侶が死ぬと危険なので、天使を切らさないようにする。危険な敵なら「ビッグシールド/ファランクス/アイギスの守り」を掛ける

スティック200p特技「スピリットゾーン」
・周囲の味方のMPを徐々に回復できるので、MP切れの心配がなくなる
 → 死ぬと回復の効果が無くなるので、前半の安全な時に使うことをオススメ

天地

・最初に扇で「風斬りの舞」を使った後は、スティックに切り替える。後は「カカロン / キラポン / ピオリム」を維持しつつ、「めいどうふま」で攻撃の補助をすれば良い
 → 前半の敵は弱いので、カカロン以外の精霊を呼ぶのも良い

・前半の内に「スピリットゾーン」を使うと、MP切れの心配がなくなる

・最終戦では呪文が脅威なので、「マジックバリア」も掛けないとダメ

扇「百花繚乱」
・敵を高確率で幻惑することができる。後半の敵は強敵なので、使うと楽になる

占い

・武器は片手剣にして盾を持つと安全だが、弓を持って弓ポンを掛けるのも良い

・前半はドンドン攻撃に参加すれば良いが、後半は回復/補助重視で行動した方が良い。最終戦では呪文が脅威なので、タロット「世界」を使うと助かる確率がアップする

デッキ例
審判x2 / 太陽x2 / 節制x2 / 女教皇x2 ※回復
力x2~3 / 世界x1~2 / 月x1~2 ※補助
死神x2 塔x4 等 ※攻撃

攻撃役

・時間制限があるので、高火力の武器スキルが必須

・どんな敵であっても ひたすら攻撃していくのだが、危険な攻撃は避けないとダメ。呪文/ブレスが危険な敵と分かったら、「魔結界/心頭滅却」を掛ける

2発目を喰らわない
・正体不明の敵なので最初の攻撃を喰らうのは仕方がないが、2発目はキチンと対応すること
 → サポート仲間だと最初から避けてくれるので、攻撃役はサポの方が向いているかも